SSブログ

中央大学の事件は、元学生の犯行ではないか [*事件や事故]

【2009年01月18日、20日に改正】-1月14日午前、中央大学で刺殺事件が起きた。

 メディア、特にテレビのワイド・ショーは、お馴染みの精神科医などを出して、犯人像について憶測を流している。不安を煽るから、状況を詳しく伝え過ぎるのはあまり良くないが、犯人像を推測するのはもっと良くない。そんなことをしても、余り意味がない。

 また今までその推測はよく外れた。去年「年金テロ」と言われた連続殺人は、年金とは関係がなかった。それでも、ワイド・ショーが推測を放映するのは、それなりに面白くて、視聴率が取れるからだろう。

 でも今まで推測が余り当たらなかったのに、また同じ専門家を出して意見を求めるのは、どうかしている。

 そう言いながら、私も犯人像について考えたので、記してみる。

 「大学に迷惑をかけたかったのだろう」と言う人がいたが、それだけならこんな凶悪事件を起こす必要はない。トイレなら、水を撒き散らせば、迷惑をかけることができる。他にもイタズラは色々ある。

 また、「外部の者の仕業だろう」と言う人がいたが、そうとも思えない。例えば被害者宅の近くに住む人が、危害を加えようとして、わざわざ大学まで行くだろうか。刺すのなら、近所で刺すはずだ。

 警察に勤めていた人達は大抵、内部犯行説を唱えていたが、私もそう思う。特に教え子が怪しい。就職のための推薦状を書いてくれなかったとか、卒論を認めてくれなかったから何年も留年したとか、大学院に入れてくれなかったとか、評価の上で不満のある者が恨んで、刺したのだと思う。人生を狂わされたと思い込んでいないと、殺そうとは思わないはずだ。背中を何回も刺したそうだから、怨恨に違いない。

 過去のこのような事件から考えてみると、犯人は突然恨みを感じて、刺した訳ではないだろう。何度も教授に抗議をしたはずだ。何年も恨みに思って憎悪が溜まり、どうしても赦せないと思って、犯行に及んだに違いない。卒業から何年も経っているだろうが、家族や同僚教師には、犯人の目星がついているのではないか。そうなら近いうちに捕まるだろう。

 また、このようなことをする人は、逆恨みが多いと思う。自分にも非があるのに、それは認めないで、誰かに責任を転嫁し、何年も恨み続けて、犯行に至ることが多いと思う。

 私の推測も外れるかも知れないが、テレビで推測を述べる人は大抵、「こういう状況からして、こんな人だろう」と考えて結論を出すのではなく、直感で言うことが多い。筋道立てて考える人が少ないのだ。

 このような傾向は今回だけではなく、以前の事件でも政治に関する問題でも、そうだった。考察した上で結論を出すのではなく、直感で言う人が多い。だから的外れになり、間違えるが、反省しないので、また間違える。論理的に考えられる人が少ないことが、政治や社会の混迷を生み出していると思う。筋道立てて考えられる人を増やすことが急務だ。

ランキングに参加しています。↓いいと思ったら、クリックして下さい。

 にほんブログ村 政治ブログへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます